暑中見舞い文例

暑中見舞いは暑い盛りの相手の健康を気遣い、近況報告するはがきです。
7月7日頃の小暑か8月8日頃の立秋までの間に出すものを「暑中見舞い」立秋以降に出すものを「残暑見舞い」と呼び、区別しています。
全体に年賀状ほどあらたまったものではないため、私製はがきや絵葉書などを利用して帰省や引っ越しの通知を兼ねるのもよいでしょう。
添え書きとしては「酷暑が続きます。くれぐれもご自愛ください」「今年は残暑も厳しいと聞きました。お身体を大切になさってください」
等相手の身体をいたわる文章を添えるといいでしょう。

例文1(一般)
暑中お見舞い申し上げます
厳しい暑さが続いておりますが いかがお過ごしでしょうか
ご健勝をお祈り申し上げます
平成〇〇年 盛夏
例文2(一般)
暑中御見舞い申し上げます
 暑さ厳しき折 皆様のご自愛のほど
 お祈り申し上げます
 平成〇〇年 盛夏