喪中文例

年内に不幸があって、翌年の新年の挨拶ができない場合に出すはがきです。

相手が年賀状を準備する前の11月末から12月初旬に届くように出します。

喪中となるのは、自分の0親等(配偶者)、1親等(父、母、子供)、同居する2親等(兄弟、姉妹、父方の祖父母等)にあたる人が一般的となります。

賀という文字にはおめでたいという意味があるので、喪中はがきには「年賀」は使いません。

「年始」、「年頭」、「新年」とうい言葉に置き換えます。添え書きには、新年の厚情を願う言葉や相手の健康や幸福を祈る言葉をいれてもかまいません。

誰がいつ亡くなったので、喪中なのかをきちんと伝えます。

年末に不幸があり、間に合わない場合は、松の内があける1月7日以降まで待って、改めて寒中見舞いの挨拶をするのがいいでしょう。

例文1(一般的な喪中欠礼)
喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます
 祖父 山田一郎が〇月〇日に〇〇歳で永眠いたしました
 本年中に賜りましたご厚情を深謝申し上げます
 明年も変わらぬご厚誼のほどお願い申し上げます
 平成〇〇年〇月
例文2(一般的な喪中欠礼)
喪中につき年末年始のご遠慮申し上げます
 本年 10月に父〇〇が〇月〇日に享年〇〇歳で逝去いたしました
 生前の御厚誼に衷心より感謝申し上げます
 平成〇〇年12月