寒中見舞い文例

寒中見舞いは松のうち(1月1日~7日)を過ぎてから、遅くとも立春(1月4日頃)までに出すはがきです。
年賀状と時期が近いため、年賀状を出しそびれた場合や喪中のはがきの代わりとして出すことができます。
喪中欠礼を正月が過ぎた後でわびる場合は、必ず寒中見舞いの形となります。
立春以降に出す場合は「余寒見舞い」といい、2月末までに出すようにしましょう。

例文1(一般)
寒中お見舞い申し上げます 
 新年早々年始をいただきましてありがとうございます
 昨年は喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきました
 寒さ厳しき折柄 皆様のご健勝をお祈り申し上げます
 平成〇〇年一月