報せる挨拶状(書き方・文例)

報せる挨拶状はがきの書き方と文例のページです。

ひとくちに「報せる」といっても、通知や報告、連絡の内容はさまざまです。
日常的なものとしては、住所変更や出産報告、開店・開業のお報せ、同窓会の連絡などがあります。
どんな場合でも、報せたい内容が生じたら、遅くとも1ヶ月以内には通知しましょう。
とくに住所変更はできるだけ早く出しましょう。
また、これらの通知は、時期をはずすと意味がなくなってしまうので注意しましょう。

お報せのはがきでは、喜怒哀楽は抑えて淡々と事実を記すことが基本です。
とくに、結婚・出産・新築などの場合、ひとりよがりな喜びはつつしみましょう。
一方、残念な報せの場合は、相手に心配をかけることのないよう、冷静に書きましょう。

最近では、印刷の通知文も多くなりました。
宛名も内容もすべてプリントされたものは、味気なく、印象も薄くなりがちです。
ひと言でかまいませんので、自筆メッセージを書き添えたいものです。

・引っ越し文例・結婚報告文例            
・誕生報告文例 ・転勤文例
・退職文例