手紙を書く際の心得

手紙の文章にも、その気持ちは表れます。

家族や親しい友人には、お互いに話すときと同じような言葉で、思うこと、感じることを伝えればいいでしょうし、親戚や知人には、敬語など、ふさわしい言葉適いが必要となります。

また、慶弔の手紙にはそれにふさわしい形式が求められます。
 
手紙は、書いた内容が長く残るものですから、なおのこと、出す相手や内容にあわせて、真心のこもった言葉を文章にしたいものです。
 
心をこめて書いた手紙には、その文面にも気持ちが映ります。
 
受け取った人も、ほのぼのとしたものを感じることでしょう。