時期について

丁寧な手紙を書こうと意気込んで、タイミングを外してしまうより、短い文の手紙でも、時期をのがさずに出したほうが、心が伝わるものです。
 
特にお礼状は、早ければ早いほどよいと心がけます。

すぐに出せば簡潔な内容で済むものも、後になればなるほど遅れた言い訳をしなくてはならず、書き方に四苦八苦するはめになります。

必要なとき、すぐに手紙が出せるよう、便せんやはがき、封筒を手元に用意しておく心構えも大切です。
 
心を落ち着け、一字一句丁寧に書き上げたい手紙。

書き方のマナーや形式を知って、より美しく、的確な表現方法で気持ちを伝えましょう。